賃貸アパートの空き室対策として | 札幌オーダー家具工房 工場直営店

社長の工場ブログ

社長の工場ブログ

賃貸アパートの空き室対策として

キッチンワークスのお客様には、たくさんの不動産オーナーさんがいます。

札幌の賃貸市場は空き室がたくさん溢れているにも関わらず、東京マネーの流入による新築物件MSが建てられ続けていますので、オーナーさん達の空き室の悩みは深刻です。

新築後、2廻り目には、家賃を下げたり、募集のための広告費を多めに払ったりしないと、全く見向きもされません。

それでも、表面利回りに釣られて新築は建ち続けます。

既存のオーナーさん達に出来ることは、家賃値下げか、バリューアップです。

バリューアップ工事といえば、キッチンワークスの出番です。

しかし、費用対交換の問題もあるので、闇雲にお金をかけるわけに行きません。

キッチンワークスのおススメは、キッチンの扉交換です。

流し台の古さ・汚さはかなりのマイナスポイントです。

しかし、交換するにはそれなりの費用がかかります。

シートを貼ったり塗装したりして対応している物件もありますが、あまりキレイではありません。

キッチンワークスの扉交換サービスなら、好きな色をセレクトして扉だけを新品に交換することが出来ます。

費用も材質によりますが、シート貼に少しの費用アップで可能です。

同時に丁番やつまみの交換も承ります。(別途費用がかかります)

基本は、古い扉を持ち帰って工場で同じ大きさで製作して、持っていって取付るだけの簡単な工事です。

柄は色々ありますが、コストと柄バリエーションを考慮すると、アイカ工業の厚軽ボードがお奨めです。

サンプル木目調中心に柄が37柄、セレクト可能。

痛みの激しい下台だけの扉交換も施工可能です。

キッチン扉交換

キッチンの扉交換施工事例はこちらから。

平成28年2月1日  荒井 俊吉

 

 

 

 


お問合せ

オーダー家具、リフォーム、工事・施工に関すること、
なんでもお気軽にお問合せください。

paegtop